齊藤 剛史准教授

准教授

齊藤 剛史

研究紹介一覧に戻る研究室ホームページ

唇の動きから発話内容を読みとる

本研究室では画像処理・パターン認識に関する研究に取り組んでいます。主に読唇に関する研究に取り組んでいますが、その他にも移動物体の追跡や車いすベースの移動ロボットについて取り組んでいます。

視覚情報に基づく発話内容の認識(読唇)

人は発話内容を認知するとき、音声情報だけでなく口形変化、表情等の視覚情報を利用します。音声情報は周囲雑音の影響により認識率の低下を招きますが、読唇は高騒音下での認識が可能となる利点をもちます。さらに読唇は発話障害者や聴覚障害者のコミュニケーション支援、公共などの発声が難しい場所の入力インタフェースとしての応用も期待できます。本研究室では、読唇の基礎技術に関する研究、読唇を利用した福祉支援システムの開発に取り組んでいます。

移動物体の追跡

動画像中の移動物体を追跡する技術は、監視システム、ヒューマンインタフェースなどさまざまなアプリケーションへの応用が考えられます。移動物体の追跡アルゴリズムとしてテンプレートマッチングやParticle Filter、Mean Shift追跡など様々な手法が提案されています。本研究室では、移動物体周辺において山登り法による極大値の探索を行い高速な処理を実現するMean Shift追跡に関する研究に取り組んでいます。

車いすベースの移動ロボット

音声/読唇操作型電動車いすや単眼カメラによる移動ロボットの周囲環境認識およびロボットの走行制御など、電動車いすをベースにした移動ロボットの開発に取り組んでいます。

多視点発話シーンの撮影

多視点発話シーンの撮影

齊藤 研究室

本研究室ではプログラミングを主体とする研究に取り組んでいます。好奇心旺盛で様々な問題に取り組める人、コツコツ努力する人を希望します。

 

前ページに戻る