TOP > 進路情報 > 卒業生の声
  卒業生の声

本学科の卒業生は、一般企業から大企業、ベンチャー企業、公務員等様々な分野で活躍しています。

受験生の皆様へは、学科選びの参考に、在学生の皆様へは、学習への姿勢やこれからの進路への参考にしていただきたいと思います。


システム創成情報工学科―卒業生の声

私が担当している仕事は大きく分けて2つあります。1つ目は、特注品のソフトウェア設計です。ここで言う特注品とは、社内外問わず、お客様からの依頼で作製する物です。主に、C++でPC用アプリケーションの設計と実装をしています。2つ目は、新規事業の開拓です。お客様からの依頼を待つだけなく、市場調査や技術検討を重ね、将来性のある事業に関しては、試作、実験、解析等を行います。


システム創成情報工学科―卒業生の声

ネットワーク応用機器開発担当として、電気設備の監視や計測を行うネットワーク情報端末の設計を担当しています。特に私は、C言語やJavaを使って機器に組み込むソフトウェアを設計しています。ネットワーク情報端末は、変電所や送電設備、また電力需要家の電気設備からも情報を取り込み、GPSの時刻同期機能やインターネットなどの汎用ネットワーク技術を応用して、電力品質や電気設備の広域監視を高精度でリアルタイムに行うことを目的とした装置です。


システム創成情報工学科―卒業生の声

栃木県の芳賀町にある本田技術研究所で四輪の研究開発に携わる仕事をしています。現在は、環境を意識した情勢を背景に、先進技術を取り入れた四輪の研究開発に取り組んでいます。まだ世に出ていない新しいモノにいち早く触れることが出来る点。そのモノに対してテスト・評価をして改善案を提案し、より良いものに変えていく点が非常に面白いです。また、製品となって世に出ると、お客様に喜びを提供できるため、やりがいを感じています。


システム創成情報工学科―卒業生の声

Tivoliという運用管理ソフトウェアの国際化、品質に関わる仕事をしています。常に新しいものにふれることができるところや、多くのコンピュータを扱うことができるところです。OSのインストールから始まり、製品のインストール、新機能の検証、製品同士の連携など、PCからメインフレーム系までさまざまな環境をさわることができるので、とても楽しいです。また、海外のエンジニアと、メールや、チャットでコミュニケーションをとるのですが、
Thank you.→You’re welcome. が成立したときには、喜びを感じます。


システム創成情報工学科―卒業生の声

コンシューマ向けカムコーダ”ハンディカム”の制御ファームウェア開発に携わっています。実際に自分が開発に携わった商品が店頭に並ぶのを見られることが一番の醍醐味です。開発当初全く動かなかった試作品が、何回もの試作を重ね問題点を修正し、次の試作に機能を追加し、完成度を高め品質のよい商品へと生まれ変わっていく、この一連の「モノづくり」業務で商品に一番近いところに携われている事が何よりも楽しいです。


システム創成情報工学科―卒業生の声

弊社は、九工大の学生が中心となって起こしたベンチャー企業です。九工大に近いオフィスで、Webサービスから企業向けシステムまで、さまざまなソフトウェア開発を行っています。また、「作って終わり」ではなく、開発後の運用・保守まで幅広く行っています。他にも飯塚には九工大発のベンチャー企業が沢山あり、いずれも大企業とは一風変わった特色・企業風土を持っていて面白い会社ばかりです。是非、就職先のひとつの選択肢として考えてみてください。いずれの企業も九工大生の高い技術力と情熱を求めています。