TOP > 教育 > 自然科学科目
  自然科学科目

自然科学科目

自然科学科目では、情報科目や対象分野科目(専門科目)の基礎となる、物理や数学について学びます。
   ロボットや自動車などをはじめとする工学的なシステムは、物理の諸法則にしたがって作動します。従って物理学に習熟しておくことは、工学を学ぶための基礎として必要になります。物理の諸法則のうち、力学は「運動工学」、電気・磁気については「電磁工学」、更に光の振る舞いについては「光工学」で学びます。

   一般に、物理の諸法則は数学を用いて記述されます。物理の法則を理解し、それを工学として利用するためには数学の力が欠かせません。特に、「解析学」と「線形代数学」は工学システムを扱うためには必要不可欠です。これらの基礎的な科目は、少人数でのグループ演習を交えて学びます。続いて対象分野を学ぶための基礎科目として、「微分方程式」、「応用数学(複素関数論、ラプラス変換、フーリエ変換)」、「確率論」を学びます。

   情報系システムは「論理」という法則にしたがって作動します。定められた論理規則にしたがって作動する情報系システムを扱うために「離散数学」を学びます。
   自然科学科目では、物理や数学を単なるマニュアルとして眺めるのではなく、これらの原理をしっかりと学ぶことで、将来遭遇するさまざまな未知の問題を発見・解決する基礎力を身につけます。

解析I同演習
(1年前期)
線形代数I
(1年前期)
化学I
(1年前期)
運動工学
(1年後期)
離散数学
(1年後期)
電磁工学
(1年後期)
線形代数II同演習
(1年後期)
解析II
(1年後期)
微分方程式
(2年前期)
応用数学
(2年前期)
確率論
(2年後期)
光工学
(2年後期)

解析I同演習(1年前期)

  解析Iでは1変数関数の微分と積分を学びます。内容は、極限、収束、連続性、微分可能性、テーラー展開、極値、不定積分、定積分などで、高校の数学IIIとほとんど同じです。新たに加わるのは、逆三角関数 逆三角関数の微分と積分のみです。本講義では、知識理解・計算技術の向上に加え「数学的な考え方」を修得することが目標です。講義と一体となった少人数グループでの演習、および演習結果のプレゼンテーション・質疑応答を行い、情報技術者として必須のプレゼンテーション能力・コミュニケーション能力の育成を図ります。

解析I同演習

運動工学(1年後期)

   本授業では、物体に加わる力とそれによって物体が行う運動との関係を扱います。物理の基本的な諸概念や法則を紹介しつつ、数学的な知識を活用して、単なる公式の集まりではない体系化された学問として力学を学びます。この講義を通して習得できる、微分方程式を用いて物理的な現象を扱う方法は、後の学期にある信号処理やシステム制御理論を学ぶ際に大きな助けになります。授業では電子教材や演習問題を多用し、手と頭を使って理解が深まるように工夫がしてあります。
運動工学

創成教育科目情報科目対象分野科目自然科学科目ページトップへ >>