TOP > 教育 > 情報科目
  情報科目

情報科目

大学の授業は、どれもかなり高校とは違いますが、差が一番大きいのが情報科目です。高校の情報が「使う」立場なのに対して、情報工学部ではコンピュータのハード、ソフトを「作る」ことを目指すからです。

   最初はコンピュータの使い方から入り、コンピュータが命令を実行する仕組みや、自分でプログラムを作るときの考え方などを学びながら、ソフト、ハードとも、徐々に高度な科目に進んで、最後はコンピュータグラフィックスなどの応用技術を学びます。

   重要な科目には、講義と同じ時間数の演習があり、知識だけではなく、実践的な技術を身につけることができるようになっています。また、演習では、大学院生のTA(Teaching Assistant)が配置され、分からないところはTAがマンツーマンで丁寧な説明を行うことで、確実に学習できるように配慮しています。

プログラミング
(1年前期)
計算機活用入門
(1年前期)
プログラミング応用S
(1年後期)    

計算機システムI
(1年後期)
データ構造と
アルゴリズム
(2年前期)
計算機システムII
(2年前期)
プログラム設計
(2年後期)    

離散構造論
(2年後期)
情報理論S
(2年後期)
データベースS
(3年前期)
統計とデータ解析
(3年前期)    

数値計算
(3年前期)
計算基礎論
(3年後期)
コンピュータ
グラフィックスS
(3年前期)   
画像情報処理
(3年後期)
システム最適論
(3年後期)
オペレーティング
システムS
(3年前期)
計算機ネットワーク
(3年後期)
アルゴリズム設計S
(3年前期)
通信工学
(3年後期)
知的財産概論
(3年前期)
マルチメディア
工学概論
(4年前期)
行政情報概論
(4年前期)
情報関連法規
(4年前期)

プログラミング応用S(1年後期)

   図形や画像などを用いた基本的なグラフィック表現の手法を身につけ、GUI(Graphical User Interface)プログラムやアニメーションプログラムの作成方法の基礎を学びます。また、ゲームソフトウェアのような対話型プログラムの作成に必要なイベント処理や例外処理等のプログラミングの能力を養います。演習では、Java言語を用いてシミュレーション結果をアニメーションで表現するプログラムや簡単なゲームプログラムを作成します。

プログラミング応用

プログラム設計(2年後期)

   1年前期の「プログラミング」、1年後期の「プログラミング応用S」、2年前期の「データ構造とアルゴリズム」に続く情報基礎科目です。この科目では、コンピュータで数式を処理するときに利用される逆ポーランド記法を学び、数式「4 * 2 + 12 / 3」を入力し、「4 2 * 12 3 / +」に変換してから答え12を求めるプログラムを作成します。Java言語によるプログラミングを通して、情報システムの設計に必要となる基本的なデータ構造とその活用法を学びます。
プログラム設計

統計とデータ解析(3年前期)

   AmazonでCDや本を買うと「この商品を買った人はこんな商品も買っています」と案内されていますが、このようなシステムは推薦システムと言われています。このようなことができるのは、パソコンや携帯などからデジタルデータがたくさん蓄積されると、データの背後にある本質的な知識や構造を把握し、将来の予測を行うことができるようになるからです。統計は、データと格闘するだけで面倒という印象がありませんか。そうではありません。膨大なデータから価値ある情報を取り出す方法論の一つとして統計は近年大きく注目されているのです。「統計とデータ解析」は、この方法論を学ぶ入り口となります。
統計とデータ解析

コンピュータグラフィックスS(3年前期)

   コンピュータグラフィックスの基礎知識や、プログラミング技術を学びます。講義によって、コンピュータグラフィックスの歴史や応用例、3次元の物体の表現方法や描画手法などの基礎知識を学びます。演習では、OpenGLというライブラリを利用して、3次元の物体をアニメーションさせたり、マウスで視点を操作したりするような、プログラムを開発します。本講義で習った技術を深めれば、自分でコンピュータゲームを作ることも可能でしょう。
コンピュータグラフィックス

創成教育科目自然科学科目対象分野科目 情報科目ページトップへ >>