TOP > 教育 > 技術者像
  技術者像

育成しようとする技術者像

 システム創成情報工学科は、本学科の教育研究上の目的として、以下の技術者像を定めています。

 理論と技術の両面から情報科学の基礎、及び、制御・数理・物理の基礎工学を学びます。これらと並行して、単に知識や技術を習得するだけではなく、将来実社会で直面する未知の問題を解決できる応用能力を身につけるための「創成教育」を通して、システムを創成できる能力を身につけます。情報科学を基盤としてシステム理論を身につけ、高度情報化社会を支える自然環境と人とに優しい知的人工システムを創成できる、独創性と人間力に富んだ高度技術者の育成を目指しています。

 この技術者像に基づき、プログラム修了時点の修了生が確実に身につけておくべき知識・能力として、システム創成情報工学科の学習・教育到達目標を設定しています。